クリニックブログ

こんにちは。箕面市の総合歯科医院 ヴィソラデンタルクリニック ドクターチームです。

 

コンピューターを使ったデジタル技術はどんどん進化していますが、歯科でも同じようにデジタル技術を使った診療が日々進化しています。

 

例えば、インプラント手術時において、インプラントを顎の骨に埋め込む際、位置を規定してくれる「サージカルガイド」というものがあります。

これはあらかじめ口腔内の模型をスキャンしてデータ化し、CTのデータと掛け合わせて、デジタル上でインプラントの位置をシミュレーション、決定し、そのデータを3Dプリンタで出力して出来上がります。

このサージカルガイドを使用すると、シミュレーション通りの位置にインプラントを埋め込むことができ、より安心・安全にインプラント治療を行うことができます。

当院ではこのような技術も取り入れ、日々診療を行っております。

 

     シミュレーション

 

     インプラント埋入後

 

もちろんサージカルガイドを使用できない、もしくは使用する必要もないケースも多いですが、患者様により良い医療を提供できるようヴィソラデンタルクリニックも進化しておりますので、安心してご来院ください。

こんにちは!ヴィソラデンタルクリニック衛生士チームです。

4月に入り、新学期がスタートしましたね!(^^)

毎年4月~6月にかけて、各学校において学校歯科検診が行われます。

児童、生徒のお口の中の状態を検査し、検査結果を分類して児童、生徒や保護者にお知らせが発行されます。

 

幼稚園・小中学校の歯科検診

・歯の状態(虫歯の有無)

・歯茎の状態

・歯垢(プラーク)の付着度

・顎関節の状態

・歯並び・かみ合わせ

以上の項目を検査し、「異状なし」「定期的な観察が必要」「歯科医師による診断が必要」と、大きく3段階に判定されます。

 

学校歯科検診の用紙をもらったら

学校歯科検診では、目で見てわかる範囲の問題を見つけ出し、歯科医院の受信をすすめたり、保健指導に役立てます。

しかし学校での設備には限界があり、歯と歯の間の小さな虫歯まで、すべて確認することは難しいのが現状です。

そのため、学校歯科検診で「異状なし」でも、歯科医院の定期検診を行い、見えない所にある虫歯や、次に生えてくる永久歯があるかなどもレントゲンで精密に検査し、予防や早期発見が必要になります。

当院ではすべての検診項目においてチェックが可能です!

学校歯科検診と歯科医院の検査は 診断の方法が異なりますが、予防を大切にするという考え方は一緒です。

学校歯科健診結果も活用しながら、歯科医院での定期検診を継続しましょう。

 

ヴィソラデンタルクリニック TEL   072−725−1810

 

こんにちは!ヴィソラデンタルクリニックのアシスタントチームです。

 

先日、院長の仲良しの先生の堺にある歯科医院に見学に行かせていただきました。

チェアーの台数はなんと、私たちの医院の約2倍!15台もありました!!

レントゲンも2台あり、器具を洗浄する設備も整っており、またホテルのような外観で清掃も行き届いておりとても綺麗でした。

先生方やスタッフも笑顔で迎えて下さり、本当に感激しました。

スタッフの人数も多かったのですが、皆さんコミュニケーションがしっかりとれていてチームワーク医療が完璧でした!!

見学をさせていただき、勉強になったのと同時にみんなの刺激にもなりました。

私たちも見習う事多いですが、日々頑張りますのでこれからもヴィソラデンタルクリニックをよろしくお願い致します。